Posted on

Adobe captivate 9 advanced actions 無料ダウンロード.Adobe Captivate のダウンロード

 

Adobe captivate 9 advanced actions 無料ダウンロード.高度なアクションの概要

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バージョンが分からない場合.Using advanced actions in Adobe Captivate

 
 
Apr 26,  · The scripting for the advanced actions model in Adobe Captivate is based on the Object-Event-Action model. Events on an interactive object, such as mouse-clicks, trigger actions that are defined for that event. You can handle complex interaction scenarios by scripting your own actions and applying them to the various interactive objects Sep 13,  · Adobe Captivate ( release) にアセットパネルが読み込まれない場合は、このリンクで解決策を確認してください。 Mac OS Catalina に対応した Adobe Captivate ( release) 用のアップデートが公開されました。 Aug 28,  · Originally I had built a module in Captivate 8 and then converted it to 9. Afterwards the whole module would – cancel. Turn on suggestions. Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. Captivate 9 Advanced Actions are breaking the module
 
 

Adobe captivate 9 advanced actions 無料ダウンロード.Adobe Captivate のダウンロード

Aug 28,  · Originally I had built a module in Captivate 8 and then converted it to 9. Afterwards the whole module would – cancel. Turn on suggestions. Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. Captivate 9 Advanced Actions are breaking the module May 18,  · Use Advanced Actions in Captivate If you want to create an engaging and interesting eLearning project, look no further than advanced actions in Captivate. With advanced actions, you can create both complex and simple event-based interactions based on one or multiple conditions Apr 27,  · 例を使用して、Adobe Captivate の変数、リテラルおよび高度なアクションについて学習します。 ただし、次の zip ファイルをコンピューターにダウンロードして展開することをお勧めします。
 
 
 
 

この文書の手順では、画像と Adobe Captivate プロジェクトファイルのサンプルなどのアセットを使用する必要があります。 独自のアセットとサンプルを使用することもできます。 ただし、次の zip ファイルをコンピューターにダウンロードして展開することをお勧めします。.

また、”John” のような文字列リテラルは、従来のプログラミングの関数とともに使用すると、値が変化します。 上記のリテラルを反転する場合は、”John”. reverse を使用します。. 変数は値を変化させられるエンティティです。 例えば、実生活では、「色」を変数と考えると、赤、青、緑は、その変数に論理的に関連付けられた値になります。 したがって、変数は異なる値のプレースホルダー(入れ物)と考えることができます。. 例えば、変数 ‘fruit’ を定義して、果物を値として受け入れることができます。 また、エントリがリンゴ、オレンジ、ブドウ、またはバナナのいずれかであることを指定することによって、’fruit’ 変数が受け入れる値を制限することもできます。 これは、関心のある変数の値を収集するのに役立ちます。. 変数の詳細については、「 Adobe Captivate の変数 」の記事をご覧ください。. プロジェクト メニューの 変数 を選択すると、Captivate プロジェクトでユーザー変数を作成できます。これにより、 変数 ダイアログボックスが開きます。新しいユーザー変数を作成するには、 タイプ ドロップダウンボックスの右側の「 新規追加 」をクリックして開きます。変数には、後でその機能を識別できるような名前を付けることをお勧めします。また、変数の初期値を「 値 」フィールドに入力することもできます。.

Captivate で予約キーワードのリストを表示するには、「Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法 」の記事をご覧ください。. 高度なアクションを開くには、 プロジェクト メニュー/ 高度なアクション に進みます。以下に示すユーザーインターフェイスが表示されます。.

テキスト入力ボックスと一緒に開く「 送信 」ボタンを削除し、標準のボタンを追加します。これは、テキスト入力ボックスに付随するボタンを、実行時にスライドから隠すことができないためです。 追加した標準ボタンの名前を「送信 」に変更します。.

テキスト入力ボックスを選択し、 プロパティインスペクター /「 プロパティ 」タブ/「 スタイル 」セクションを開き、「 変数 」の横にある「 [X] 」アイコンをクリックして、 変数名 ダイアログボックスを開きます。. テキスト メニューから 2 つのテキストキャプションをスライドに追加します。 プロパティインスペクター の「 プロパティ 」タブの下のキャプション名の左にある目のアイコンを使用して、これら両方のキャプションを非表示にします。. 手順 2 で追加したテキスト入力ボックスを選択し、 プロパティインスペクター /「 プロパティ 」タブ/「 アクション 」セクションを開き、成功時 ドロップダウンリストで、 高度なアクションを実行 を選択します。. 条件および対応するアクションを設定するには、 高度なアクション ダイアログボックスで 条件付きタブ を確認してください。. While ロジックは、ステートメントの最初に条件を評価し、条件または条件のセットが true または false になるまで、アクションのセットをループし続ける条件付きループです。.

手順 3 を繰り返して、残りのスライドに各惑星を追加します。 添付されたサンプルプロジェクトでは、惑星は太陽からの距離に応じて順番に追加されています。 スライドに追加した要素の名前を適切に変更します。. ユーザーが惑星の名前を入力すると、その惑星の情報を含むスライドに移動するという条件を作成します。 また、スペルを誤って入力するか、名前の先頭を大文字にしないと、エラーメッセージが表示されるようにします。. フィルムストリップ で最初のスライドを選択し、 プロパティインスペクター /「 プロパティ 」タブ/「 アクション 」セクションを開き、 入力時 で 非表示 を選択します。 非表示 ドロップダウンリストで、エラーメッセージを含むテキストキャプションを選択します。これにより、失敗または成功した一連の試行の後で、ユーザーがより多くの惑星を探索するために最初のスライドを開いたときに、エラーメッセージが削除されます。.

詳細については、Captivate の「 共通 JavaScript インターフェイス 」を参照してください。. 例えば、e ラーニングの作成者が作成したコースで候補者を歓迎するには、高度なアクションを繰り返し使用する必要があります。 「 標準アクション 」節で作成した高度なアクションを共有アクションとして保存し、新しいプロジェクトで開きましょう。.

ダイアログボックスの下部にある「共有アクションとして保存 」ボタンをクリックして共有アクションとして保存します。 共有アクションとして保存 ダイアログボックスが開きます。. 高度なアクション ダイアログボックスで、右上隅にある書き出しアイコンをクリックします(下の画像を参照)。アクションをファイルとしてデバイスに保存するためのダイアログボックスが開きます。. 空白のプロジェクトを開き、 プロジェクト メニューに移動し、 高度なアクション を開きます。. 高度なアクション ダイアログボックスの右上にある読み込みアイコンをクリックします。保存された共有アクションファイルを見つけて読み込みます。. 読み込まれたパラメーターにパラメーター値を入力します。 入力するパラメーター値は、新規プロジェクトに追加した要素です。 これにより、新規プロジェクトの要素を共有アクションに関連付けることになります。.

高度なアクションの詳細については、「 Adobe Captivate の高度なアクション 」の記事を参照してください。. リーガルノーティス プライバシーポリシー. Captivate ラーニングとサポート 今すぐ始める ユーザーガイド チュートリアル 無料で始める. 高度なアクションの概要 検索. 最終更新日 : Apr 28, AM GMT. 高度なアクションを使用すると、イベントがトリガーされたとき、または特定の条件が満たされたときに、Captivate プロジェクトで複雑なタスクやワークフローを実行できます。. この文書の手順では、画像と Adobe Captivate プロジェクトファイルのサンプルなどのアセットを使用する必要があります。 独自のアセットとサンプルを使用することもできます。 ただし、次の zip ファイルをコンピューターにダウンロードして展開することをお勧めします。 advanced-actions.

リテラルは固定値です。 リテラルには、英数字の値と数値があります。 例えば、実生活では、John、Sarah、 は固定値であるためリテラルです。 また、”John” のような文字列リテラルは、従来のプログラミングの関数とともに使用すると、値が変化します。 上記のリテラルを反転する場合は、”John”. Captivate の変数は、システム変数とユーザー変数に分類できます。 以下はそれらの簡単な説明です。. システム変数は、Captivate の事前定義された変数です。 以下に例を挙げます。 cpInfoCurrentDate は、ユーザーのコンピューターに設定されている現在の日付を表示するシステム変数です。 cpInfoAuthor は、プロジェクトのプロパティで指定した作成者の名前を返します(ファイル/プロジェクト情報)。. ユーザー変数はユーザーによって定義されます。 これらの変数は、値のセットのみを受け入れ、他のエントリを拒否するように設定することもできます。 例えば、変数 ‘fruit’ を定義して、果物を値として受け入れることができます。 また、エントリがリンゴ、オレンジ、ブドウ、またはバナナのいずれかであることを指定することによって、’fruit’ 変数が受け入れる値を制限することもできます。 これは、関心のある変数の値を収集するのに役立ちます。.

テキスト入力ボックス をスライドに追加すると、Captivate によって自動的に変数が割り当てられます。. Captivate では、システム変数を変更または削除することはできず、ユーザー変数名は一度作成すると変更できません。. ラベル 説明 1 アクションの名前。 2 アクションを条件付きにするには、この チェックボックス を有効にします。 3 アクション項目。 4 既存のアクションを選択します。 5 アクションの構造をプレビューします。 6 アクションを作成します。 7 共有アクションを読み込みます。 8 共有アクションを書き出します。 9 アクションを削除します。 10 アクションを複製します。 11 アクション項目を追加します。 12 アクション項目を削除します。 13 アクション項目をコピーします。 14 切り取り 15 貼り付け 16 挿入 17 上に移動します。 18 下に移動します。 19 決定グループ。 20 決定を追加します。 21 決定を削除します。 22 決定を複製します。.

例 – コースの候補者を歓迎するプロジェクト. テキスト メニューからテキスト入力ボックスとテキストキャプションを追加します。. テキストのキャプションを、「 下のボックスにあなたの名前を入力し、Enter キーを押して、コースを開始します 」と編集します。. テキスト メニューから 2 つのテキストキャプションをスライドに追加します。 プロパティインスペクター の「 プロパティ 」タブの下のキャプション名の左にある目のアイコンを使用して、これら両方のキャプションを非表示にします。 これらのキャプションの 1 つを「 コースへようこそ 」に変更します。.

条件付きアクションは、名前のとおり、条件または条件のセットが満たされた場合にのみ実行されます。 条件および対応するアクションを設定するには、 高度なアクション ダイアログボックスで 条件付きタブ を確認してください。. else ロジック. else ロジックは: If 条件または条件のセットが満たされている場合、アクションを実行します。 Else (条件が満たされない場合)別のアクションを実行します。 例えば、年齢が 16 歳以上の場合は候補を歓迎するテキストキャプションを表示し、それ以外の場合はエントリ拒否キャプションを表示する条件付きアクションを設定することができます。.

While ロジック. While ロジックは、ステートメントの最初に条件を評価し、条件または条件のセットが true または false になるまで、アクションのセットをループし続ける条件付きループです。 例えば、e ラーニングコースの加入資格を、候補者が卒業生で、5 年以上の経験ががあれば、候補者を受け入れるように設定することができます。. 例 1 – 太陽系の惑星についての事実を共有するプロジェクト. 空白のプロジェクトを開き、9 つのコンテンツスライドを追加します。 デフォルトのタイトルスライドを削除します。. ユーザーが惑星の名前を入力すると、その惑星の情報を含むスライドに移動するという条件を作成します。 また、スペルを誤って入力するか、名前の先頭を大文字にしないと、エラーメッセージが表示されるようにします。 このロジックを実現するには、最初のスライドに追加されたテキスト入力ボックスに対して高度なアクションを設定する必要があります。 最初のスライドに移動し、テキスト入力ボックスを選択します。 プロパティインスペクター /「 プロパティ 」タブ/「 アクション 」セクションを開き、成功時 ドロップダウンリストで、 高度なアクションを実行 を選択します。 高度なアクションを実行 の下の スクリプト ドロップダウンリストで、フォルダーアイコンをクリックします。 高度なアクション ダイアログボックスが開きます。 高度なアクション ダイアログボックスで、 条件付きタブ を確認します.

If 条件と、対応するアクションを入力します。この場合、ユーザーが水星と入力すると、2 枚目のスライドにジャンプします。 (この手順の下にある最初の画像を参照) 名称未設定-1 から 名称未設定-8 の各タブでその他の惑星の条件と対応するアクションを設定します。デフォルトでは 3 つのタブしか存在しないため、手動でタブを追加してください。 9 番目のタブで、エラーメッセージを表示する条件を入力します。 ここでのロジックは、惑星名が正しく入力されない場合、または名前が大文字で始まらない場合、エラーが表示されるというものです。 また、このタブにスライド 1 にジャンプする 2 番目のアクションを追加します。これにより、実行中自動的に 送信 ボタンが更新されます。(この手順の 2 番目の画像を参照してください)。. この例では、ボタンをクリックするとオブジェクトが非表示になり、ボタンを再びクリックすると再表示されるようにします。 次の手順を実行します。. 値が 0 に等しい変数 myVar を宣言します。.

次の条件を指定して高度なアクション B1 を作成します。. myVar の値が 0 と等しい場合. オブジェクトを非表示にし、myVar の値に 1 を割り当てます。. その他の場合、オブジェクトを表示し、myVar の値に 0 を割り当てて元に戻します。. JavaScript を使用した高度なアクション. 高度なアクションを同じプロジェクトの他の部分や別のプロジェクトで使用する場合は、共有アクションとして保存することができます。 例えば、e ラーニングの作成者が作成したコースで候補者を歓迎するには、高度なアクションを繰り返し使用する必要があります。 「 標準アクション 」節で作成した高度なアクションを共有アクションとして保存し、新しいプロジェクトで開きましょう。. クイックリンク すべてのプランを表示 プランを管理.